【生産性向上】社会人がブログを書き続けるためにやっている10の工夫

スポンサーリンク

どうも

しゅんです。

社会人になり4ヶ月がたちました。

やっと仕事にもなれ、毎日ブログを継続して書けるようになりました。

忙しい社会人生活の中でもブログを書き続けるために僕が実際に行っている

10の工夫について今回は紹介したいと思います。

仕事が忙しくて書きたいことは溜まっているんだけどブログを書けていない社会人ブロガーにも、

アルバイトや勉強・就活が忙しくて思った以上にブログを書く時間がない学生ブロガーにも役に立つ内容になっていると思います。

是非読んで参考にしてみて下さい!

スタンディングデスクでしか書かない

これが僕がいまブログを続けることができている理由です。

そしてあまり他の人がやっていなそうなことです笑。

そして一番おすすめな方法です!

スタンディングデスクっていってもイメージが湧かないと思うのでこれです👇。

だいたい高さは胸くらいの高さなので、ちょうどいい感じにパソコンを使えます。

これを一人暮らしのベッドの横においてあります。

何がいいかって言うと、

立っていると集中できる

まずこれがでかいです。

実際実験でも、

立っているときのほうが脳は活性化されるという結果がでているみたいです。

個人的に座ってパソコンを使っていると気づいたらネットサーフィンしていることが多いのですが、スタンディングデスクではそういうことはありません。

これは立っている方がある程度の負荷が体にかかっているからなんじゃないかなと思います。

あと何時間もダラダラ作業することは絶対ありません。

2時間も作業し続けていればだいぶ足が疲れてきます。

僕は基本このスタンディングデスクでしかブログは書かないようにしています。

平日はカフェでやるということも全くありません。

常に同じ環境でやっているというのが、余計なことを考えずに済んでいるのだと思います。

一度に一つのことしかやらない

これはすべての作業に言えることですが、

手っ取り早く生産性を上げたければ、一度に一つの作業しかやらないのが一番です。

これは仕事にも言えることですが、

Aという資料を作っていたのに気づいたらぜんぜん違うことをやっているということがよくあります。

こんなことをやっているうちは生産性が上がることはないと思います。

イメージこういう状態で仕事をしている感じです👇

これじゃあ集中はできそうにないですよね。

ブログでも仕事でもそうですが、作業中には邪魔が入ります。

差し込みで仕事を頼まれたり、メールが来たり。

ただそんな中で大事なのが、

自分がやっている作業を認識し、一度に一つしかやらないことです。

言い換えると、すべての作業の時間において何をやっていたのかを全部把握している状態であれということです。

そのためにおすすめなのがtogglという時間を測るアプリです。

作業が終わったり、切り替わったりするタイミングで新しくタイマーをスタートさせる

たったこれだけで一気に生産性は上がります。

※togglの詳しい使い方はこちら

Togglを始めて無駄な時間を見えるように!始め方から使い方まで徹底解説

ブログを書く手順を決めて、その順番通りにやる

僕は毎回同じやり方でブログを書きます。

もちろん定期的にそのやり方自体を見直すこともありますが、書いている最中にやり方を変えることはありません。

記事のアイディアを出す

アイディアに優先順位をつける(書きたい内容か、書くべき内容か、SEO的にどうなのか、などを基準に)

構成を書き出す

構成に少し肉付けする

WordPressで実際に書き始める

画像・装飾・リンクなどの調整

完成

こんな流れでブログを書いています。

そして、それぞれの段階ではそれしかやりません。

文章を書きながら写真を選んだりなどはないです。

そうするとやるべきこととやるべきじゃないことが明確になるので、

迷わず作業することができます。

そしてそれぞれの記事がいまどの段階にあるのかはTrelloというアプリで管理しています。

参考:最強の複数人でのタスク管理アプリTrelloの基本の使い方を解説

これはすべての作業に言えることだと思いますが、

どんなに壮大に見える作業でも細かい作業の連続に過ぎません。

だからこそ、どういう作業があるのかを書き出してみて、それしかやらないと決めると一気に考えることが減ります!

時間に支配される

ぱっとみ少し怖い感じがしますが笑、

いい意味で時間に支配されることは生産性を大きく上げてくれます。

時間に支配されるとは、

その時間は決まったことをやるということです。

学校の時間割をイメージするとわかりやすいと思います。

9:00~9:45は国語の授業みたいな

いままで書いてきた工夫もそうですが、

生産性を上げるには「考える余地をなくす」のが重要です。

・あれもやったほうがいいかな→一度に一つ

・次何をやろうか→順番を決める

これと同じで

・いつやろうか→時間割を決める

そうすることで考えなくてすみます。

学生の時に「何時に学校に行こうか」と毎日考えなかったですよね。

それと同じように時間を決めて、いつブログを書こうかということを迷わないようにしましょう。

僕は

7:00~8:15と20:30~22:00を基本的にブログの時間と決めています。

この時間になったら気づいたらスタンディングデスクでブログを書いています笑

ちなみに仕事でも、朝と昼にタスクを整理して何時から何時までやるかを先にカレンダーに入れてしまいます。

そしてもう一つ時間に関して決めていることがあります。

それが「25分/5分のポモドーロ・テクニック」です。

これは簡単で

25分作業して5分休憩する。

たったこれだけですが、集中して作業するにはおすすめです。

詳しくはこちら👇

【集中したい人必見】「スマホをやめれば魚が育つ」使い方〜

毎日必ず1000字以上書く

字数というアウトプットの目標を毎日持っています。

ブログはやることを探せば無限にあります。

・記事を書く

・分析する

・記事を書く準備をする

・デザインをいじる

・参考となるブログを探す

・SNSで発信する

・ノウハウを探す などなど

だからこそこういう作業に優先順位をつけなければいけません。

僕の中では、記事を書かないことには始まらないと思っているので、

「記事を書く」という部分に関して目標を持って、毎日それを達成することを目指しています。

そして字数というアウトプットの目標なのは理由があります。

働くと当たり前になることですが、アウトプットにしかお金は払われません。

アウトプットこそが価値となるのです。

たとえ分析であっても、データを集めて結論はどういうことなのかということに価値があります。

だからこそアウトプットの目標を持つことは、生産性を上げるためには重要です。

すべての時間をアウトプットにつながる時間にすれば、一気に無駄がなくなります。

あと、字数とかの測りやすい目標は達成できたかの判断が簡単にできるのでおすすめです!

ブログを書いている時はスマホをいじらない

現在多くの人の時間を支配しているのは「スマホ」です。

気づいたらスマホを触っているという人も少なくないと思います。

そんな中で時間を作るためには、

いかにスマホに触れないようにするかということが大事になってきます。

そしてスマホに触らないために僕が使っているのが、

「スマやめ」というアプリです。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります!

【集中したい人必見】「スマホをやめれば魚が育つ」使い方〜

簡単にまとめると

決めた時間はスマホに触らない。

というシンプルなサービスです。

スマホを触ってしまうという人は是非使ってみてください!

テンションが上がる曲をくり返し聴く

音楽には感情を上下する力があります。

音楽によって気持ちが高まったり、落ち込んだりしたことは誰もがあると思います。

だからこそ音楽の力をうまく使いこなすことで、

作業効率を上げることが可能になります。

自分が集中しやすい曲を何曲か用意しておくだけで、

自分のやる気をコントロールすることができます。

社会人としてブログとして書き続けるためには、

やる気があるときだけでなく「やる気が起きない時」に行動できるかどうかにかかっています。

どんなにやる気が出なくても自分を奮い立たせてくれる一極を何度もくり返し聴いて、どんどん作業に集中しましょう!

制限時間を決める

何事も制限時間を持って取り込むことで作業効率を上げることができます。

実験でもこれは証明されています。

制限時間がある場合とない場合だと、同じ時間あたりの作業効率は大きく変わってきます。

締切効果とも言われていますが、何事も一定の制限がかかったほうが力を発揮できるということでしょう。

ブログを書く時は、それぞれの段階で制限時間を決めています。

構成を作るのに15分とか3000記事を書くのに1時間とか。

そういう制限を決めて、タイマーを見えるところに置いておくとどんどん作業を進めることができます。

特に休日で時間がある時は、制限時間を決めないといつの間にか何もしないまま終わっているということがあるので、注意です。

毎日寝る前日記を書く習慣をつける

毎日振り返ることでPDCAがどんどん回ります。

振り返ることが重要だというのはみんなわかっているけど、できていないというのが本音だと思います。

僕もいままで振り返りの方法としていろいろ試しましたが、

いまはノートに手書きで日記を書くというやり方に落ち着きました。

手で書くとキーボードで入力するより、考えながらできる気がしてます。

そしてどんなやり方でやったのか、どのくらい時間がかかったのか、どのくらいの文字数書いたのか

などを残しておくとブロガーとしてはいいと思います。

そして日記を書くと思うのが、

いままでの日記を読み返さなくても書くだけで、

いままでの経験が頭の中に刻み込まれています。

なので日記を書く習慣を身に着けてもらいたいと思います!

習慣に関してはこちらの記事を参考に!

【レビュー・感想】『ぼくたちは習慣で、できている。』を読んで気づく習慣の重要性

毎朝目標を紙に書く

最後の工夫としては、毎朝目標を紙に書くという断言法です。

僕がこのブログでも何度も書いてきましたが、

目標を常に意識し続ければ目標は近くなります。

断言法とも言われていますが、科学的にも効果は証明されています。

なので僕は毎朝ブログを書く前に、日記を書いているノートに目標を書いています。

詳しくはこちらの記事でも解説しています👇

【仕事・恋愛も】断言法という目標達成の最高習慣!効果から続け方まですべて解説

作業効率・生産性を上げる最終的な目的って、

目標を達成することだと思います。

なので僕は必ず毎朝目標を書くようにしています!

まとめ

現在僕が働きながらブログを書くための10の工夫を紹介してきました。

途中でも書いたように生産性を上げるためには、

考える余地をなくすこと

が重要になってきます。

そして自分が心地良い環境を知ることです。

どれか試してみて感想をいただけるとうれしいです。

この記事のように、

どうやったら行動できるのか、もって行動できるのか

目標を達成できるのか

などについての情報を発信していきたいと思っていますので、これからもよろしくお願いします!

しゅん

スポンサーリンク
スポンサーリンク