PDCAは同時に回そう!様々な肩書を持つための唯一の方法

スポンサーリンク

どうも

駿介です。

今回は僕のこのブログで新たに取り組むことを伝えたいと思います。

このブログではこの2つを伝えたいと思っています。

・PDCAは成長するためのスキルである

・どんな人でもPDCAを回す事が出来る

この2つを伝えるためにも、僕自身がPDCAを常に回していきます。

PDCAを回すことで成長出来ることを証明出来れば、多くの人がPDCAを回したいと思うかもしれないからです。

そのためにも僕は今日から

「7つのPDCAを回し、毎日成長しまくる」

これをテーマにしていきます。

PDCAを回す意味を考えよう

PDCAはビジネスマンならなじみがあると思いますが、それ以外の人はよくわからないと思います。

知っている人でも勘違いしているかもしれないので、まずはPDCAがどういうものなのかを詳しく見ていきましょう。

PDCAは成長のスキル

PDCAとは「成長のスキル」です。

叶えたい目標がある人・成長したい事が1つでもある人は、

PDCAを身につけてほしいと思います。

PDCAはすべてのことで使えます。

「すべて」とは、日常でしていることすべてです。

朝起きてから夜寝るまで様々なことを1日のなかでします。

そのすべてがPDCAの対象です。

「家事がもっと早く終わればな」

「仕事でもっと活躍出来ればな」

「定期試験の点数がもっと良ければな」

「彼女がいればな」

このような思いがある人は、すべてPDCAで解決することが出来ます。

これがPDCAです。

具体的なPDCAの手順はこちらでまとめたので、読んでみてください。

PDCAとは?やり方から出来ない理由まですべて解説します

人生を充実するための唯一のスキル

PDCAは成長のスキルと言いました。

そして人生を充実させるための唯一のスキルとも言えます。

PDCAを身につけてしまえば、これから出てくるすべての悩みを解決出来るからです。

人生に「あがり」はありません

人生にあがりはありません。

就活や大学受験をしているとこれを勘違いしそうになります。

有名な会社に行っても、起業しても「あがり」ではありません。

偏差値の高い大学に言っても、海外留学しても「あがり」ではありません。

結婚しても、子供が産まれても「あがり」ではないのだと思います。

だからこそ、成長する事が出来るPDCAはどんな環境にいる人にでも身につけてほしいです。

PDCAがあればいまの現実は間違いなく少しずつ変わっていきます。

仕事だけじゃなく、生活すべてをPDCA

PDCAは成長のスキルと言いましたが、ビジネスマン以外にあまり広まっていないのはなぜでしょうか?

PDCAが工場現場で生まれた考えであるとか、難しそうとか様々な原因があると思います。

そして仕事以外ではPDCAを回そうとしようとしなかったというのが大きいと思います。

僕は仕事だけじゃなく、自分の生活すべてを充実させたいと思っています。

仕事が出来ても、家族との時間が取れないような状態にはなりたくないです。

だからこそ、むしろ生活にこそPDCAを回していきたいと思いました。

そしてみなさんにも生活からPDCAを回してほしいと思います。

駿介は7つのPDCAを回します

自分の生活を充実させるために今日から7つのPDCAを回していきます。

そのなかで気づいたことや知識を共有していきます。

同時に7個のPDCA

これから回していくPDCAはこれです。

  1. ブログ
  2. タイムマネジメント
  3. メンタルヘルス
  4. 家の仕事
  5. 筋トレ
  6. お金の管理
  7. メンタリズム

この7つのテーマについて成長していきます。

なぜこの7つにしたのかはそれぞれの記事を見ていただきたいと思います。

PDCAはどの分野においても基本的な考え方は同じです。

しかし、大学受験と料理だと細かい部分でPDCAの回し方が異なってくると思っています。

大学受験だと点数は目に見えるが、料理だと「おいしさ」は目に見えない

このような違いも実際にPDCAを回して初めてわかることです。

この違いを整理するのも複数のPDCAを回す目的の一つです。

同時に回すことはメリットしかない

7つも一気に回すことに対して、「一つをしっかりやったほうがいい」と思うかもしれません。

様々なことを同時にやると集中力がそがれてしまうので、

上手くいかないという考えもあります。

しかし僕はメリットばっかりだと思います。

1つのことを24時間ずっと出来る人は、1つを極めるのがいいと思います。

僕はそういうタイプではなく、集中力は90分くらいしか続きません。

同時に複数のことを始めるメリットは、この本にもこのように書いてあります。

①新鮮で飽きない
②どれかが上達中なので停滞期も耐えられる
③上達中の事に時間を集中
配分出来る
④向き不向きの特定が出来る
出典:筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法
 
同時にやることに関してメリットがあるかないかもやってみて検証していきます。
 

まとめ

これから僕がPDCAを回していきます。

PDCAを回して自分の人生を充実させていきます。

 そして一度きりの人生だからこそ、

様々な肩書を持ってみたい

AIによって職業がなくなっていくと言われています。

「だったら複数の肩書を持てばいい」

これが僕の目指していきたい人生です。

PDCAを回しながら、価値のある情報を毎日提供していきたいと思っているので、

これからもよろしくお願いします。

駿介

スポンサーリンク
スポンサーリンク