記事を書く速さとは?1日1本を書いて思ったこと~ブログ運営日誌2週目

スポンサーリンク
どうも

駿介です。

今回は、「ブログ運営日誌~2週目~」について書いていきます。

今週は、先週言ったように「記事を書く」ことを目標にやってきました。

先週の運営日誌はこちらから。

ブログ始めました~1週目の難しさ~

「行動力の学校」の基本情報

「行動力の学校」は行動力をテーマにしたブログです。

プロフィール

駿介とにしやんの2人で書いています。
それぞれのプロフィールはこちらかた確認してください。

ブログの理念

どういう理念をもってブログをやっているのかを知ってほしいと思っています。

始めた経緯

なぜ駿介がブログを始めたのか。
その答えがこちらにあります。

2週目

2週目は、「記事を書く」ということを一番の目標にしていました。
記事を書くことが、ブログをやっていくうえで一番大事だと思っています。
継続的に書くことができれば、ずっとブログをやっていけます。
ではどうだったのかを見ていきましょう。

週に5本書いてみた

結果は、目標としていた5本を水曜までに書くことが出来ました。
まずよかったなと思っています。
週に5本書いてみて思ったことは、「いつも考えていること」なら記事を書くことにも時間はかからないなということです。
今週は構成を作って、あとは一気に書き上げました。
特に、スマホでもかけることがわかったのはよかったなと思います。

両手打ちをマスターできたおかげで、移動時間にも記事を書くことが出来るようになりました。

今週は「どんどんアウトプットしたい」という欲求があり、時間があれば記事を書きたいという状態でした。

鳥井さんの隠居系男子でのこの記事を読み直すといまの状態は悪くないかなと思っています。
常にアウトプットが出したいという状態を常にキープすること
これがいまの大きな目標です。

自己満記事を書かないためには

ブロガーさんのいろんな記事を読むと、どのブログにも書いてあるのが
「相手が欲しいと思う情報が入った記事を書くこと」
「自己満足記事を書かないこと」

ブログのPV数は筆者の「人生の面白さ×伝える力」で決まる

やぎぺーさんのこの記事でも言われているように「読者視点」が大切です。
相手がいて初めて成立するのがコミュニケーションです。
相手を考えて伝えるのは当たり前です。
しかし当たり前が難しいからこそ、みなさんが記事にしているのだなと、記事を書いてみて初めて分かりました。
自己満足記事にならないためにこれからやっていこうと思うのがこれです。

「特定の誰か1人に伝えるつもりで記事を書く」

これも鳥井さんの隠居系男子で言っていたことです。

ブログは“あなた”に向けて。

この記事を最初に読んだときはあまりピンと来ませんでしたが、

ブログを書くようになって少しはわかるようになったのかなと思います。
これからは「特定のその人」の課題を解決できるような記事を書いていきたいなと思っています。

楽しければ続けられる

記事を書いて気付いたのは、
「楽しければ続けられる」ということです。
楽しいという感情が行動の大きな原動力になります。
このことをこれからやっていくうえで忘れずにやっていきたいなと思っています。
忘れないためにも、自分が何に楽しいと感じるのかというのは突き詰めていきたいなと思っています。
そしていまブログはほんとに楽しいです。

気づきとまとめ

気づいたことを忘れずにメモしておこうと思います。

記事を書く=常に考えることが大事?

記事を速くかけたことを振り返ると、
いつも考えていたことだからということがあるのかなと思いました。
タイピングスピードだけで速さが決まるわけではありません。

次に書く内容が決まっているか
何を伝えるのかが明確になっているか
こういう要素が記事のスピードに関わってくるのかなと思っています。

記事作成力を把握する

もう一つは、自分の「記事作成力」を把握しようということです。
記事作成力はさまざまな要素があるのかなと思います。
思いつくだけでも
・読みやすさ
・内容の論理性
・速さ
・SEO
・デザイン
他にも僕にはまだ見えていないものがいっぱいあるのだと思います。

しかし、記事作成力を意識してPDCAを回すことで、よりいい記事が書けるようになると思います。

だからこそ、いろいろな指標で記事作成力を考えていこうと思います。
これが2週目のブログ運営日誌でした。
足りない点がいっぱいありますが、僕たちがだれよりも行動し続けたいと思います。
あなたも行動してみてください。
応援しています。
駿介
スポンサーリンク
スポンサーリンク