「革命のファンファーレ」を読んで、行動したくなった人へ

スポンサーリンク

どうも駿介です。

今回は、いま話題になっている本
『革命のファンファーレ』について書いていきます。

『革命のファンファーレ』は西野 亮廣が書かれた本で、

行動力に悩むすべての人に読んでほしいです。

革命のファンファーレと行動の関係性

『革命のファンファーレ』は、『えんとつ町のプペル』という西野さんが書いた絵本の、制作方法と売り方に関してまとめている本です。

マーケティングの本としてもすばらしく、これからのマーケティングについて誰もがわかるようにまとまっている本でもあります。

しかし、今回伝えたいことは違います。

このサイトのテーマでもある「行動力」についても重要な気づきを得ることが出来る本なのです。

行動とは勇気ではない

踏み出す勇気は要らない。
必要なのは「情報」だ。

p234から始まるこの章こそが、僕が一番影響をうけ、これを読んでいる人に伝えたいことです。

知っていることは誰でもできる。(誰でも一度乗れば一人で電車に乗れる)
しかし、知らないことはできない

「行動力」とはこれだけなのです。
知りましょう。
不安にならずに。

自分の周りの行動力のある人をみて
憧れを抱いていた人
自分はできないなと思っていた人

それは、情報量の差です。

行動したいと思うなら、
・どういう手順でやればいいのか
・どういう結果になるのか
これらを知りましょう。

そして安心して行動しましょう。

信用の重要性

『革命のファンファーレ』では、全体を通して「信用」が一つのテーマになっています。

行動においても、信用があることがメリットになります。
行動に必要なのは情報と書きました。

なにをすれば成功するのか・失敗するのかという情報=経験は一人より二人のほうがおおくなります。
これが100人になったら一人の経験では太刀打ちできません。

なにをすればいいのかを一人で考え・探すくらいなら、百人で考えるべきです。

百人の知恵を借りれる人間=「信用」がある人間
だからこそ「信用」をためるということが大切になるのだと思います。

これからの時代の行動の重要性

現代は個人の時代と言われいます。

この本を読んで、西野さんがやっていること(絵本の無料公開など)が論理的なものだったと納得できると思います。

※ここから絵本の無料公開を見ることができます。

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野)

信用があれば、クラウドファンディングで資金を集めることが出来ます。
工夫次第で個人でも、さまざまな人を巻き込んでいろいろなことができる時代です。

もしこれを読んでいる人が、同じような感覚をもっているのなら、これから僕たちに残されている道は2つです。

・個人の時代・信用の時代という考えを観なかったことにして、外から眺めるだけの道
・今この瞬間から、この時代の変化に飛び込み、この時代にあった自分の人生を楽しむ道

信用は簡単には得られません。
しかし、なんらかの行動を続けるだけでいつのまにか大きくなっているものだと思います。
それをいまから僕たちが僕たちの人生で証明していきます。

読んで終わったらもったいない

『革命のファンファーレ』はこの言葉で終わります。

周りが何と言おうと、
世間が何と言おうと、
昨日までの常識が何と言おうとかまわない。
キミの人生の決定を、他人や環境や時代にゆだねるな。
キミの人生はキミが決定しろ。
常識に屈するな。屈しないだけの裏付けを持て。
それは行動力だ。
それは情報量だ。

僕はまもなくこの本を書き終える。
そして直後に、次の行動を起こす。
キミはまもなくこの本を読み終える。
さあ、何をする?
キミの革命のファンファーレを鳴らすのは、キミしかいない。

頑張ってください。応援しています。

『革命のファンファーレ』を読んだ人、行動にうつしていますか
『革命のファンファーレ』を読んでいない人、次何をしますか

この本に出合えたなら、この記事を読んでくれているなら
読んで終わりじゃもったいないです。

みなさんに行動してほしいから、行動するための情報を書いていきます。

行動することができていない人の原因

行動できない人の原因は、「知らないこと」です。

『革命のファンファーレ』に書いてあるように、
やり方を知らないこともそうですが、
行動力は正しい上げ方があるということを知らないことも大きな原因です。

行動力のある人は生まれながらに行動力が高かったんだと
自分は低いのだからしょうがないと考えてしまっている人が多いです。

しかし行動力は勉強やスポーツと同じです。

上げようと思えばだれでも上げれるものなのです。

具体的な方法論についてはこの記事を参考にしてください。

このサイトの目的

このサイトは、多くの人が行動して変わってほしいということを目指しています。

僕たちがさまざまな考え方に触れて、さまざまな行動を通して
僕たちを変えてきたように
みなさんにも行動をしてほしいと思っています。

自分の頭の中になっている革命のファンファーレを無視しないでください。
いまからでも変われます。
そのために、行動力をあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク