習慣づけるためには、自分を知る!駿介の高速インプット

どうも
駿介です。

今回は「習慣化」についてインプットしたことをまとめます。
今回インプットしたものは「DaiGoさんのニコ生動画」です。

この記事はインプットしたものを、

駿介の考えでまとめたものです。

習慣は行動に大きな影響を与えます。

行動力を考えるのがこのブログなので、

どんどん習慣についての知識をまとめていきます。

こういう悩みを感じている人は是非読んで見てください
「禁煙しようとおもったけど続けられない…」
「習慣が大事なのはわかるけど、3日でやめちゃう…」
「毎日を変えたい…」

「勉強が続かない…」

習慣とは

まずは簡単に習慣とは何なのかを考えてみます。

DaiGoさんの放送で出てきた習慣の性質をまとめるとこのようなものです。

・1日の半分ほどが習慣に支配されている

人生を変えるとは習慣を変えることである

・無意識でやってしまう行動が習慣

⇒習慣をつくるのに意思の弱さは関係ない

習慣に関して新しく知ったことがたくさんあったので、

その中でも今回は「習慣づけるためにはどうすればいいか」についてまとめます。

人生を変えることは習慣を変えること

日常の行動の半分以上が習慣に支配されています。

ということは習慣をコントロールすることが出来れば、

人生を変えることにつながります。

決意をしても意味がない

習慣を変えようと思っている人は多いと思います。

しかし、実際に習慣を変えられた人は少ないです。

僕もランニングの習慣・勉強の習慣などをつけようと思いましたが、

三日坊主で終わってしまいました。

DaiGoさんの動画を見て、一番納得できたことがこれです。

決意しても習慣は変えられない

残念ながらこの事実を認めることからしか前には進めません。

いままでの僕の無数の意味のなかった決意を考えると、

ちょっと泣きそうになりますがしょうがないです。

実際に僕の決意はむなしく散っていきました。

ここで終わってしまったら悲しくなってしまいます。

もちろんどうにかする方法があります。

「禁煙しよう」

「毎日10時間勉強しよう」

「毎朝1時間走ろう」

などの悲しい決意を持っていた人

あなたが弱かったからではないから安心しましょう

自分を知って、置き換えよう

決意で変えられないならどうすればいいのかを考えましょう。

自分がどういう状況でどういう行動をとるかを知る

自分を知ることなしに習慣を変えることは無理です。

逆に言えば、自分を知れば習慣は変えられます。

例えば「禁煙したい」人を例に考えます。

悪いパターン

禁煙しようと決意だけする

⇒1週間も続けずに終わってしまう

良いパターン

禁煙するために、どういう状況だと煙草を吸いたくなるのかを考える

⇒お酒を飲んでいる時に煙草を吸いたくなってしまうということを知る

⇒お酒を飲む場所に行かないようにする

この2つの違いが分かりますか?

状況を知ることで、

その状況にならないようにすることが出来ます。

さらに、状況を知ることで行動を置き換えることが出来ます。

Todoistのリンク

この記事でも説明しましたが、

スマホを見てすぐにLINEを見てしまうという習慣を、アプリの場所を変えることで置き換えることが出来ます。

どんな人にも無意識にしてしまう行動があります。

こういう状況だとこれをしてしまうというものがあれば、

行動を変えることが出来るということです。

これが習慣づけの一つの方法です。

まとめ

この記事で伝えたかったことをまとめます。

習慣をつけるためには、すでにある自分の習慣を知ることから始めよう

ということです。

習慣づけることが出来れば、毎日をよりよりものに出来ます。

正しい知識を身につけて、毎日を少しづつ変えていきましょう。

応援しています。

駿介