TOEICはキクタンだけ使え!600 800 990の使い方・レベルを解説します

スポンサーリンク
どうも

駿介です。

 
 

今回は、「TOEICに使う単語帳はキクタン」について書いていきます。

 
受験勉強もそうですが、資格の勉強でも多くの人が参考書選びに迷うと思います。

迷っている時間はもったいないです。

 

迷う時間を捨てて、すぐに勉強にとりかかることが一番大事です。

 

基本スペック

収録単語数:1冊1120単語×3冊=3360単語

 
レベル:初心者~900点以上
 
【目次】
Chapter 1 名詞:超必修160
Chapter 2 動詞:超必修112
Chapter 3 形容詞:超必修80
Chapter 4 名詞:必修160
Chapter 5 動詞:必修112
Chapter 6 形容詞:必修80
Chapter 7 副詞・前置詞:必修32
Chapter 8 動詞句
Chapter 9 形容詞句・副詞句
Chapter 10 群前置詞・群接続詞
Chapter 11 その他の熟語
出典:https://ec.alc.co.jp/book/7016042/

600 800 990の違い

 

キクタンは目指すスコアに応じて、使うレベルが違います。

初めてTOEICを受験する人は迷わず600からやればいいと思います。
 

TOEICに頻出の単語が並んでいるので、大学受験で英語得意だった人も600からやることをおすすめします。

 
満点を目指す人も、焦らず一冊ずつ完璧にしていってください。
基礎を固めるということが、一番の近道になります。
 

単語帳はキクタン以外使わなくていい

 
僕の結論は

「単語帳はキクタンだけやればいい」ということです。

 
特に、600レベルの単語帳を何冊もやる意味は全くありません。
それをやる暇があるなら一冊の完成度をもっと高めましょう。
 

他の単語帳も間違いなくいい単語帳です。

キクタンに書いていない知識も載っています。

 

それでもキクタンだけやればいいと思っています。

なぜなら完璧な参考書なんて存在しないからです。

 

あなたにオーダーメイドで作った参考書はありません。

だから参考書選びに迷う必要はありません。

 
 

おすすめポイント

 
完璧な参考書がないと言いましたが、その中でもキクタンをおすすめする理由は、
僕が使ったからです。
そして、TOEIC本番にキクタンで覚えた知識がいっぱい出たからです。
 
キクタンの赤字の訳だけ覚えれば大丈夫だなとTOEICを解きながら思いました。
 
だからこそ僕は自信を持ってキクタンをおすすめします。
 

キクタンの使い方

 
ここからは具体的な使い方を書いていきます。
 

どの参考書を使うかよりも、どう参考書を使うのかのほうが何倍も大事です。

 
同じ参考書を使っても点数が全然違うのはこれが理由です。
 

一瞬で答えられるようにする

 
キクタンの使い方はシンプルです。

単語を見て、一瞬で日本語訳(赤字)を答えられるようにする。

 
だから使い方もシンプルになります。
1ページごとに、全ての単語を即答できるようにする。
それが終わったら次のページに行く
それを最初のページから最後のページまでやる
 
これだけです。
これだけなんですが、これがやってみると難しいです。
 
ではより具体的におすすめのキクタンの使い方を書いていきます。
 
  1. 最初の4日間は出来るだけ時間をとる(3時間以上あると最高です)
  2. この4日間で、全体の6割くらいを覚えます
  3. ページの上から下まで、英単語を見て赤字の訳を即答できるかを確認していきます
  4. 即答できるものは◯、迷ったけどあっていたものは△、わからなかったものは✔︎をつけます。※ここを考えずにやるのがポイントです。ほとんど✔︎になるので気にせずどんどん✔︎をつけましょう
  5. ✔︎をつけたものを◯に変えていきます。ここは必ず口を動かしてやってください。電車の中だったら口パクで大丈夫です。英語を言う⇨赤字の訳を言う これを英語だけ見て(赤字の訳を見ないで)連続で5回は言えるまでやってください。
  6. 次は△を◯にします。同じように連続5回口パクで出来るまで繰り返します
  7. ページの上から下までを詰まらずに言えるかを確認します。必ず折ったりして赤字の訳を、見えないようにして英語⇨訳を口パクで確認します。この時詰まった単語があれば、その場で5回連続繰り返して、もう一度上からやります。
  8. このサイクルをページごとに行います。5ページ終わったら、5ページ分連続で言えるか確認します。
  9. そして1日の終わりに、その日やった分を全て連続で言えるか確認します。言えなかったら覚え直してもう一度最初のページからやります。多くの人がこの1日の最後の確認に時間を使わずに、やったことを忘れてしまいます。忘れてしまうと何度やっても終わらないので、必ずこの確認をするための時間を確保してください
  10. ここまでを最初の4日間で出来るとこまでやってください。うまくいけば8割くらい終わってるかもしれませんが、6割くらい終わっていればいいほうです。あとは残りを毎日の移動時間や朝などの隙間時間を使って終わらせてしまいましょう
※わざわざ最初の4日間に集中してやるのは、出来る感覚を知ってもらうためです。
やれば覚えられるっていう感覚を知らずに頑張れる人は一握りです。
なので出来るだけ最初に集中して、やり方を含めて覚えてしまいましょう。
 

チラポイ法で完璧に暗記

 
ここで僕がおすすめする単語の覚え方を紹介します。
 
これは単語以外にも使えるものなので是非やってみてください。
基本的には先ほどのキクタンの使い方に似ています。
 
違いは「単語カード」を使うことです。

単語カードを使うことで、即答できるかどうかの確認をしやすくなります。

シャッフルすることができるので、場所で覚えてしまったり・順番で覚えてしまったりすることはなくなります。
 
覚えた単語カードを一気に捨てるのはほんとに快感です(笑)。

この快感を味わうためにも、チラポイ法のやり方を書いていきます。

 
1.覚えにくい単語を単語カード化する
(表に英単語とキクタンでの単語番号・裏に赤字の訳を書く)
2.単語カードを3分割する
上の〇、△、✔と同じ
3.✔の束を△に、△の束を〇にするように何回も繰り返す。
(4.完璧に覚えた単語カードは一気に捨てる)
 
たったこれだけです。
試しに10単語くらい単語カードを作って、チラポイをしてみてください。
 
 
 

キクタンのあとにやった方がいいこと

 
そのあとにやることに関しては、この記事にまとまっています。
 
 
 
単語が覚えられているのかの確認は、パート5の問題集でやるのがおすすめです。
パート5は短文の文法問題で、文章はTOEICで出てくるビジネス系の英文です。
 
そのため、解いて訳すことでキクタンで覚えた単語が使えているのかを確認することが出来ます。
 
単語は地味ですが、覚えてしまえば全ての点数を上げることが出来ます。
時間はかかるものなので、やり方を見失わずに頑張ってください。
 
この記事を読みながらTOEICの受験をするか悩んでいる人はTOEIC受験を申し込んでしまいましょう。
そうすれば逃げられなくなります。
 
応援しています。
頑張ってください。
 
駿介
スポンサーリンク
スポンサーリンク