結果を出す計画の立て方~5つのポイントで勉強も仕事も最高の結果に~

Travel Trip Map Direction Exploration Planning Concept
スポンサーリンク

どうも
駿介です。

今回は、「計画の立て方」について書いていきます。
行動するための準備としてなによりも大事なのが、計画です。

しかし、だれも計画の立て方を教えてくれません。
結果を出すための計画の立て方を考えていきましょう。

計画とは

計画とはどのようなもののことを言うのでしょうか。

引用
計画の定義

引用終わり

僕が考えている良い計画とは、
目標と現状のギャップをもとに、
振り返りやすく、
一目で何をすればいいのかがわかる
というものです。

なぜ計画を立てるのか

計画を立てる理由は、結果を出すためです。

計画を立てることが目的になっている人が少なくないので、ここは忘れないでください。

結果を出すために計画は存在するということを忘れなければ、

良い計画を立てる事ができます。

計画の難しさとは

計画を立てるときの難しさはいろいろあります。

計画の立て方を知らない
逆算で立てると、できもしない計画になってしまう
余計なものが起こらない前提で立ててしまう

このようなことが、計画を立てることを難しくしています。

いい計画を立てる方法を知れば、必ず結果を出すことが出来ます。
だからこそ、結果につながる計画の立て方を知って、行動しましょう

計画を立てる5つのポイント

僕が考えている結果を出すための計画のポイントは、5つあります。
これを読むときは、あなたの目標をイメージしながら読んで見てください。

ゴールを明確にする

ゴールを明確にするとは、具体的にするということです。
できれば数字にするといいです
数字にすることで、達成できたか、あとどれくらいで達成できるかがすぐに判断できます

いい大学に行く⇒東大に合格する
年収を上げる⇒3年後に年収を1000万円にする
就活のためにTOEICのスコアを上げる⇒来年2月にTOEICのスコアを730点以上にする

このように具体的にしましょう。

いまとゴールのギャップを考える

いまとゴールのギャップを明確にすることが、2つ目のポイントです。

計画を立てるとき、

ゴールから考えがちですが
ゴールといまの両方から考えるのが大切です。

僕とあなたが同じ目標を目指す時に、同じことをやったほうがいいかはわかりませんよね。
僕が苦手なものをあなたが得意かもしれません。

人には得意不得意が必ずあるので、自分にあった計画を立てる事が重要です。

だからこそいまとゴールの両方から考えましょう。

ゴールまでにいま足りていないものを書き出しましょう。

紙とペンを出して、とにかく書きなぐってください。
もう出てこないなと思ったら、

そこから5個ひねり出してください。

ここまでやれば足りないものがだいぶ見えて来ます。

しかしそれだけではダメです。

情報収集

必ず情報収集をしてください。

情報収集が3つ目のポイントです。

同じゴールを目指してきた人はいままでにいっぱいいるはずです。

その人たちはどこで失敗したか、どこがポイントなのかを知っています。

そういう情報を知ることで、ゴールまでより速く行くことができます。

やり方は簡単です。

上手くいった人と失敗した人の情報をどちらも3つほど集めてください。

東大に受かりたいなら
「東大 合格 勉強」 「東大 受かった理由」
などで検索をかけたり、大学が出している合格体験記を読んだりしてみてください。

いまの時代、ほとんどの情報を手に入れることができます。

ここをサボるということは、自分より先に経験している人の情報を捨てるということです。
これほど勿体無いことはありません。

上手くいった人と失敗した人の情報を集めることができたら、それぞれの共通点を見つけてください。

夏休みに10時間以上毎日勉強している
過去問を夏休みから取り組んでいる
とかが出て来ると思います。

もちろん失敗している人にも共通の原因はあります。

過去問をやるのが12月からだったとか
単語の勉強を疎かにしている
などのことが出て来ると思います。

次に、それぞれの違いを見てみます。
そうすると、過去問はこのタイミングでやった方がいいなとかが分かると思います。

もちろん、一番いいのは直接会って質問させていただくことです。
自分は就活の際に、気になる業界かあれば、直接連絡して話を伺っていました。

やはりその人から直接話を聞くと、細かいところがよくわかります。

いまの時代、会う手段はいっぱいあるので、是非試して欲しいです。

全体像を描く

ここまで来れば、あともう少しです。

計画を立てる4つ目のポイントが、全体像を描く事です。

目標が明確になり、
現状と目標とのギャップを知り、
上手くいくためのポイントと失敗するポイントを抑えることができています。

これらを参考にして、全体像を描きます。

目標を達成するまでの期間を4つのパートに分けて、それぞれのタイミングで何をやればいいのかを決めます。

この時に集めた情報がとても役に立つと思います。

それぞれのパートの期間はバラバラで構いません。

次にそれぞれのパートの目標を決めます。
もちろん、具体的に決めることが大切です。

ここで全体像を決めることで、
煮詰まった時に役に立ちます。

「いまここで基本的なことをやるのは、次に応用的なことをできるようにするためだ」、と自分で納得できていれば頑張れます。

ゴールが見えない状態では、頑張り続けるのは難しいです。

だからこそ全体像を描きましょう。

やることを細かくする

ここまできたらあと一歩です。

4つに分けたパートの一番最初のパートでやることを細かく決めます。

これが5つ目のポイントです。

他のパートについてはこの時は気にしなくていいです。

いまやることを決めましょう。

最初のパートの目標を達成するために必要なことを考えましょう。

これまでにギャップを書き出し、情報を集めているのでそれを参考にしましょう。

とにかく考えずにできるだけ細かくすることです。

単語を覚えるではなくて
どの参考書のどこからどこまでの単語の何を覚えるのか

ここまで細かくきめましょう

ここまで一度決めることで、迷うことなく進むことができます。
行動力が低い人は、行動する時にいろいろなことを考えすぎな人です。

そうならないためにも、一度細かく決めちゃうことです。

必ずいつやるかも決めましょう。
これを決めることで、やるべきことに優先順位をつけることもできます。

そしてカレンダーに入れましょう。
これはここでやると決めてしまうことですかね

自分の時間を確保するというのは思ってるより難しいです。

まとめ

ここまで出来れば、あとはやるだけになります。
PDCAでいうところのPが終わったので、つづきをやるだけです。

PDCAに関してはこちらを参考に。

計画を立てる時って、わくわくしますよね。
未来に向かって歩き出そうとする瞬間だからだと思います。

そのワクワクを実現するためにも、いい計画を立てて、必ず成果を出しましょう。

応援しています。
お互い頑張りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク