就活の軸って本当に必要なのかを考える

どうも

駿介です。

今回は「就活の軸とは?」というテーマについて書いていきます。

最近Matcherなので就活生と話すと、

「就活の軸を教えてください!」

って言われることが多いです。(ほとんど毎回?)

自分の就活を振り返っても「就活の軸」についていろいろなタイミングで考えました。

いろいろあってよくわかならいし、

そもそも就活の軸ってなんだよって思ってました。

そんな自分が思う就活の軸をまとめていきます。

このような悩みを持っている人は読んで見てください!
「就活の軸がわからない」
「全部いい企業にみえる」
「どの会社にもいきたくない」

就活の軸とは自分の一番譲れないもの

自分の就活の軸とは

「自分が最初に働く場所に求める一番譲れないもの」

これだけです。

だからこそ就活の軸は「一つ」であるべきだと思っています。

なぜなら

すべてを選ぼうとすることは何も選んでいないのと同じ

だからです。

いろいろな軸を持っている人は、その中でも一番譲れないものは何なのかを自分で明確にして欲しいです。

じゃあお前はどんな軸を持っていたんだよと思うかもしれないので、

まず自分の就活の軸を紹介します。

就活の軸は人の意見を聞いても参考にならない

僕の就活はMatcherから始まりました。

参考:就活とは「どう生きていきたいか」を考える最良の機会かもしれない

Matcherとはいろいろな社会人の方に合えるOBOG訪問です。

Matcherをつかって多くの社会人の方に会うたびにいろいろな軸を教えてもらいました。

給料が高いとこに決まっている
都内じゃないと嫌だ
やっぱり人が大事
マーケティングやれるところ
親にも上場企業に行けって言われているし上場企業かな

その他にも様々な軸を教えていただきました。

そして思ったのが、

「当たり前に全部大事だし、大事すぎて選べないよ」

これは当然です。

軸とは「自分が譲れないもの」なのに、それを人に聞いても選べるわけがない。

就活の軸について他人が答えを持っていることはあり得ません。

そこで初めて自分が会社に求めるもの、環境に求めるものを考えました。

そして出てきた結論は、給料でも評判でも業界でもありませんでした。

その会社じゃなくても活躍できる自分になれること

この1つが自分が最初に働く場所に求めることでした。

当たり前だが成長なんて自分次第です。

でも誰も成長しようとしない環境と、みんなが昨日より成長しようと思っている環境だったらどっちが頑張りやすいか

受験勉強を教えていた経験からも、その環境にいる人の成長意欲というものが成長速度を決めると思っています。

だから「個人個人が成長する」という理念を「会社の一番上に掲げている」会社にいこうと思いました。

そして運よくそういう会社に巡り合うことができました。

出会いは偶然でした。

でも自分の譲れない価値観が決まっていたから、

その他のことはそんなに気になりませんでした。

そしていま日々周りの成長に刺激を受けているし、

昨日より今日成長できているなと常に感じれている毎日を過ごせています。

自分の軸で決めていま後悔していないからこそ、こういう就活をしてもいいと思っています。

たぶんそんなの聞いていた話と違うと思って人もいると思いますし、

そんなことできないという人も

他の条件も気になるし、給料も評判もいろいろ気になるという人もいると思います。

でもそういう人と自分は就活の根本的な考え方が違うと思っています。

1位じゃなきゃ嫌だという考えが全ての根源

就活とは何万となる会社の中から一つの働く場所を決めることです。

でも多くの人は、

その何万ある会社の中から1位=運命の相手を探そうとしている気がします。

だからこそあれも気になるしこれも気になる

そして自分の条件に合う会社なんてどこにもないんじゃないかと思ってしまう。

でも一度ちゃんと考えてみてください

1位である必要なくない?

そして伝えたいのが

「むしろ1位ってなんだよ」

ってことです。

気持ちはわかります。

正解が決まっている世界で正解を探すことはなによりも「楽」だから。

でも1位じゃなきゃ嫌だという考えは正解を探しているのといっしょです。

そして正解なんて人生の選択で1つもないということです。

就活は自分の最初に働く場所を決めること

それ以上でもそれ以下でもないです。

正解なんてないし、嫌だったら変えればいいものです。

どんな選択もよかったと思えるかもしれないし、そうじゃないかもしれない

選択なんてそんなもん。

むしろ選んだ場所でどんな行動をするのかのほうが何万倍も大事です。

だからこそ1位を探す必要はありません。

そう考えればあなたが最初に働く場所に求めていることは見えてくると思います。

お金だったら初任給とか最初の5年の給料が高い働き方を選べばいい
人だったら、どんな人が多いところだといいのかを考えればいい

そんくらいシンプルに軸は決めてもいいと思います。

すべてを選ぼうとすることは何も選んでいないのと同じ

まとめ

今回は「就活の軸」について書きました。

この記事で一番伝えたかったことは、

条件なんて考え始めたら切りないよということです。

これは就活も家も恋人もなんでもそうです。

選択はその後の自分の行動でよくも悪くもなります。

だからこそ、

そんな気持ちで就活をしてもいいんじゃないかなという提案でした。

いま就活している人は就活頑張ってください!

もし就活について話をしたいという人はMatcherで連絡ください。

相談する

就活を経験した先輩方は、

「自分はこう思う」というのを教えてください!

Twitterでもコメントでも待っています。

最後までお読みいただきありがとうございました!

駿介