メンタルヘルスのPDCAを回して、自分のストレスをコントロールしよう!駿介のPDCA③

スポンサーリンク
どうも
駿介です。
 
今回から「メンタルヘルスのPDCA」を回していきます。
自律神経失調症というメンタルの病気になったこともあるので、メンタルヘルスを意識していきたいと思っています。
 
メンタルヘルスとは、心の健康です。
心が健康でないと、体にも影響を与えます。
なのでみなさんも自分のメンタルを意識しながら読んでみてください。
 
 

すべての現代人はストレスと戦っている

 
あなたは毎日ストレスを感じていますか?
ストレスを感じることが悪いことだと思っていますか?
 
現代を生きている多くの日本人は日々ストレスを感じています。
もちろんビジネスマンだけでなく、学生も主婦の方もストレスを感じています。
 
 そんな現代に生きているすべての人に必要な力が

「メンタルヘルス力」です。

 

ストレスとの間違った付き合い方~現状~

 
僕はストレスとの間違った付き合い方をしていました。 
 
僕は自分がやらなければならないと何事にも感じてしまいます。
それだけ聞くと「正義感が強い」「責任感がある」と思われますが、この性格が悪いほうに働きました。
 
自分に関係ないことも自分がやらなければと考えると、抱えなくていいストレスを感じます。
そのストレスは自分のことではないので、解消する手段がありません。
そうするとどんどん関係ないストレスが溜まっていきました。
 
そして気づいたときには、神経のバランスが狂い身体の感覚がおかしくなっていました。
 

その結果、自律神経失調症と診断されました。

 
診断されて初めて、病気であることを知りました。
そこでこれからどうすればいいのかいろいろな本を読み、気づいたことがあります。
 

・メンタルをコントロールするには技術が必要

・その技術を身につければ、自分でコントロール出来るようになる

 
技術であるということは、必要な知識と訓練をすれば力を伸ばすことが出来るということです。
これは僕にとってとても嬉しいことでした。
 
なので僕はメンタルヘルスについてのPDCAを回していきます。
 
 

 ストレスとの正しい付き合い方~目標~ 

僕がメンタルヘルス力のPDCAを回して目指すゴールはここです。
 

自分のメンタルを自分でコントロールする

 
 
自分のメンタルが他人に左右されるのは嫌です。
ストレスを感じずに生きていくのは無理ですし、ストレスが感じない人生は面白くないです。
 
ストレスをなくすのではなく、ストレスとの正しい付き合い方をマスターしてストレスをコントロール出来るようにするのが目標です。
 
人間が抱える悩みのほとんどは人間関係の悩みだと書いたのがアドラーです。
 
 
 
この本は、ほとんどの人が自分のメンタルを自分でコントロール出来ていないことを示しています。
自分のメンタルを自分でコントロールすることが出来れば、より人生を楽しんでいけます。
  

自分のメンタルをコントロール出来るのは自分だけ

 
メンタルヘルス力を上げることは、人間社会を生きていく上で必須です。 
そして全ての人に取り組んで欲しいことでもあります。
 
メンタルヘルスと書くと、なんか難しそうに感じませんか?
 
難しそうに感じる人はシンプルに考えましょう。
 

上司や家族に感じているストレスと上手く付き合えるようになり、相手にストレスを感じなくなったらどうなるか?

 
その想像が楽しいものならあとはそれを実現するだけです。
 
難しく考えずに、自分のやりたいことをやれたら楽しいなくらいで始めましょう。
 

メンタルヘルスとは

 
メンタルヘルスの一般的な定義を見てみましょう。
 
Mental health is not just the absence of mental disorder. It is defined as a state of well-being in which every individual realizes his or her own potential, can cope with the normal stresses of life, can work productively and fruitfully, and is able to make a contribution to her or his community.
精神的健康とは、単に精神障害でないということではない。それは、一人一人が彼または彼女自らの可能性を実現し、人生における普通のストレスに対処でき、生産的にまた実り多く働くことができ、彼または彼女の共同体に貢献することができるという、十全にある状態であると定義されている。
出典: 世界保健機関、2007
 
メンタルヘルス力のPDCAを回していくためには、自分なりのメンタルヘルス力を定義することから始めます。
 

なぜストレスは負担になるのか?

 
メンタルヘルスとは、ストレスと上手く付き合い、自分のメンタルを自分でコントロールするものです。
 
そもそもなぜストレスを感じることは負担になるのでしょうか?
 
答えはシンプルです。
 

「ストレスを感じることは悪いことと思い込んでいるから」

 
ストレスには良くないイメージがあると思います。
 
ストレスを日本語に訳すと、2つ意味があります。
・精神的圧力
・緊張感
 
1つ目はみんながイメージする「ストレス」だと思います。
しかし2つ目はあまりイメージがないかもしれません。
 
適度な緊張感の重要性はみなさん経験してます。
定期試験があるから勉強する(一夜漬けかもしれないけど)
これは緊張感の一つだと思います。
 

ストレス=緊張感は上手に使うことで、自分の行動をサポートしてくれるものにもなります。

つまり、ストレスそのものが悪い訳ではないのです。

 

メンタルヘルスに関係ありそうなこと

 
PDCAの基本は、目標を明確にして計画を立てることです。
 
よくわからない分野では、計画を立てることは難しいので情報を集めます。
メンタルヘルスについても情報を集めてみます。
 
Mental health is not just the absence of mental disorder. It is defined as a state of well-being in which every individual realizes his or her own potential, can cope with the normal stresses of life, can work productively and fruitfully, and is able to make a contribution to her or his community.
精神的健康とは、単に精神障害でないということではない。それは、一人一人が彼または彼女自らの可能性を実現し、人生における普通のストレスに対処でき、生産的にまた実り多く働くことができ、彼または彼女の共同体に貢献することができるという、十全にある状態であると定義されている。
— 世界保健機関、2007
 
メンタルヘルスはこのように定義されています。
 
世間でメンタルヘルスというと、このようなものが関係しているみたいです。
 
・うつ病
・精神病
・睡眠
・セルフケア
・心理学
 
このようなものが関係しています。
そして「メンタルヘルス・マネジメント検定」という検定試験があります。
 
 
このような検定試験があることからも、メンタルヘルスが他人事なものではない証拠です。
 
 

メンタルヘルスの基本的な考え方

 
ではメンタルヘルス力を定義します。
 

メンタルヘルス力=環境や周りの人間に関係なく自分のメンタルを自分でコントロールし修正出来る力

 
これが僕が考えるメンタルヘルス力です。
 

メンタルヘルス力のPDCAを回す

 
メンタルヘルス力をPDCA回していきたいと思います。
 

駿介の目指すメンタルヘルス

 
まず僕のゴールを明確にします。
ゴールを明確にすることで、迷わずに進むことが出来ます。
PDCAを回すうえでは、なによりも大事になっていきます。
 
僕が実現したいメンタルヘルスはこれです。
これから勉強したり、いろいろ取り組んでいくうちに変わるかもしれません。
変わったり増えたりしたら加えます。
 
・適度のストレスを楽しめる
・メンタルコントロールの正しい知識を持つ
・毎日自分のメンタル状態を確認する
・自律神経が常に整えられている
  
このような精神状態で過ごしていきたいと思っています。
ストレスは嫌だなと思っている人は多いですが、じゃあどういう状態ならいいのかを考えている人は少ないと思います。
 
 

目標と現状の差

 
ゴールが明確になったら、現状との差を書き出してみます。
メンタルヘルスに関しては、ネットで無料診断が出来ます。
どこまで信頼出来るかは分かりませんが、一つの目安になると思います。
 
なのでいまのメンタルと目標との差を考えてみます。
  
・適度のストレスを楽しめる
ストレスを負担と感じてしまっている
 
・メンタルコントロールの正しい知識を持つ
まだまだ知らないことが多すぎる
 
・毎日自分のメンタル状態を確認する
どのように確認すればいいのかわからない
 
・自律神経が常に整えられている
整えられていない
 
 
このように差を考えてみると、いまのメンタル状態は目標から大きく離れています(笑)。
目標と差がある時は、やればやるだけ目標に近づけるので、むしろ楽しくPDCAが回せそうです!
 

すぐ出来ること⇒情報を調べて整理する

 
この差を埋めるためにまずやることを次に考えます。
 
まずは、正しい知識を知ることから始めていきます。
マインドフルネスや瞑想がいま流行っていますが、実際なにをやったらいいのか全然わかっていません。
 
情報が多いとどの情報が大事なのかがよくわからなくなります。
なので、この1週間で情報を整理します。
 

長期目標・・環境や周りの人間に関係なく自分のメンタルを自分でコントロールし修正出来る短期目標・・情報を整理して、何が大事なのかを決める

 
今週は片っ端から関係ありそうな情報を集めていって整理します。
整理したらどんどん記事にしていくので、メンタルに興味のある方はそちらも読んでみてください。
 

まとめ

 
PDCAとはすごくシンプルです。
 
なぜそれに取り組むのかを理解する
叶えたい目標を明確にする
現状と目標の差を書き出す
短期の目標を決める
いますぐ出来ることを決める
やる
振り返る
次やることを決める
 
これだけです。
 
これだけとは言え、やることは多いですよね。
そういう時は僕みたいにブログに書いてみるといいですよ。
 
人に見られていると思うだけでやろうと思うことが出来ます。
みなさんもメンタルヘルス力をPDCAして、
叶えたい毎日をつかみ取りましょう。
 
応援しています
駿介
スポンサーリンク
スポンサーリンク