にしやんって何者?

スポンサーリンク

今回はみなさんに、にしやんがどういう20年間を歩み、そしてなぜこのブログをやり始めたのかを知ってもらいたくてこのプロフィール記事を書こうとおもいました。

最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

にしやんの基本情報

・名前:ニシダ タイチ

・出身:埼玉

・見た目:180㎝110㎏

・趣味:野球 地元の仲間を集めて草野球チームを作りました

・在籍中の大学名:日本大学

・好きな言葉:

「石の下にも三年という。

しかし三年を一年で習得する努力を怠ってはならない。」

byパナソニック創業者 松下幸之助

生い立ち

 小中時代の体験

小学生から中学生までの期間は野球以外のことは何もしない典型的な「野球バカ」でした。

僕は父親が野球好きということもあり小学2年生の夏に地元の少年野球チームに入り野球を始めました。

当時の僕の持っている運動神経はひどいものでした。走ればチーム1遅く、バットを握らせてもなかなかボールに当たらず、守備にに関してはボールがこないことを祈るばかり。。笑

それが悔しかった僕はそれなりに練習しました。

周りの仲間に気づかれないようにしれっと父親と練習する日々が続きました。

それなりに練習した僕は中学三年生になる頃には両翼95Mのちゃんとした球場でホームランが打てるくらいになりました。

ただ、今になって考えると後悔することもあります。

この時にがむしゃらにやるだけでなくもっと考えて行動できていたらなーなんて思います。

それでも大好きな野球だけやっていればいい生活はすげえ楽しかったです。

 高校時代の困難

そんな小中時代を過ごした僕は自分の学力でも入れる偏差値50の県立高校に入学し当たり前のように野球部に入部。

しかし、入部数ヶ月後から監督でもないただの顧問の先生に目をつけられて理由もなく因縁をつけられては練習から外されたり、自分より技術のない選手は試合に出してもらえても僕はその試合の審判を一日中やらされる。そんな日々が続きました。

ちょうどその頃、胃腸の病気にかかりました。ストレスからくるものでした。

何を食べても戻してしまい水も受け付けず、部活どころか学校にも行けない状況で挙げ句の果てには入院。

病室で何も行動することのできない自分自身の情けなさに不満を感じたとともに将来人の下で上司に依存した環境では仕事をしたくないと感じました。

自分の弱さを知ったことや、この経験を社会に出る前にできたことは良かったと今では思います。

 大学受験の失敗

高三の秋には体調も回復し特にやることもなかったので受験勉強をすることにしました。

始めようと思ったはいいが今まで真面目に机に座ったことがない僕は何をするべきなのかかわからず、とりあえず家から一番通いやすい塾に入れてもらいました。

塾に入れば自然に勉強ができるようになると思い込んでた僕が5ヶ月で何かが変わるわけでもなく当たり前のように受けた大学を全部落ちました。

そして浪人することになりました。それでも特に何かを変えるわけでもなくただただ勉強する日々が続きました。

しかし7月の模試でほとんど成長していない自分の結果を見て、さすがにこのまま何も考えないで勉強してはダメだということに気付きました。

僕は国語の先生とちょうどその頃英語の担当になった駿介さんから勉強の仕方について教わりました。

今やろうとしてる勉強のゴールを明確にしてからやることだったり、自分から目的を持って勉強をすることだったりを繰り返し教えてもらい自分のものにできるように何度も何度もやり続けました。

その結果、秋の模試では偏差値は急に上がり目標としていた大学のB判定を出すことができました。

特に勉強量を増やしたわけでもなく、行動するために必要な考えを身につけ、それを実行しただけで出た結果でした。

僕はこの時、自分の力を過信しました。

このままやれば大丈夫だろうと思いました。

その結果、第一志望の大学には受からず今の大学に行くことになりました。

当たり前ですが受験は結果が全てです。

どんな過程を歩もうと、結果だけが周りからは評価されます。

僕は大学受験を通じて行動することの大切さを学んだと同時にそれを継続させることの難しさを感じました。

サイト運営の理念

 今までの経験からできた考え

人は行動することで変わることができるが、行動するということはとても難しいです。

なぜなら、何も考えないで行動しようとする方がはるかに楽なためそっちの方に逃げたくなってしまうからだと思っています。

裏を返せば、行動するために必要な知識や準備さえすれば行動することはできます。

自分は行動できないと思っている人もほとんどが『行動するための方法』を知らないだけだと思います。

一度行動できたものをさらに継続してやり続けることはさらに難しいです。

でも、これも方法や考え方を知らないだけでそこさえわかれば人は変われると思います。

 ブログ運営をしていく上でのにしやんの理念

僕は自分と同じ境遇の人に自分と同じ道を歩いて欲しくないと思い、この行動する方法を1人でも多くの人に広められたらいいなという思いでこのブログを運営してます。

また、自分自身にも【PDCA】をまわして[PDCA関連の記事ができたら飛ばせるようにする]成長する過程をみなさんに見てもらい『あんなやつでもできるなら俺でもできそう』と思ってもらい一緒に成長したいと思っています。

[にしやん]のなりたい自分

僕はこのブログを通じて、自分にPDCAをまわして行動できる人間になると同時に、個人として生きていけるようになり、何にも依存せずに自分の意思で何事も決定ができるような環境に身を置き続けたいと思ってます。

例えば明日急に南の島に行きたくなったら、明日から一週間休みにしてフラーっと遊びに行けるくらいの環境が欲しいと思ってます。

これは夢物語でもなんでもありません。

僕の目標であり、現段階でのゴールです。

ゴールを設定しないと人は行動できません。

まとめ

これがにしやん20年間です。

最後まで見てくれた人がいたら感謝したいです。

僕はまだまだこれからこれから成長していきます。

そしてその知識を共有していこうと思います

みなさんも僕と一緒に成長しましょう。

 

 そして、なりたい自分になりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク