ポジティブ思考は危険?正しい目標の立て方とは?駿介の高速インプット

スポンサーリンク

どうも
駿介です。

今回は「ポジティブ思考の危険」についてインプットしたことをまとめます。
今回インプットしたものは「DaiGoさんのニコ生動画」です。

この記事はインプットしたものを、僕個人の考えでまとめたものです。

こういう悩みを感じている人は是非読んで見てください
「ポジティブ思考が大事だと言われているが、そんな風に出来ない…」
「どのように考えればいいかわからない…」

ポジティブ思考の間違いとは

ポジティブ思考には2種類あります。

・「自分の可能性を信じてる」ポジティブ思考
⇨いいポジティブ
・「自分は障害を乗り越えられるんだって信じている」ポジティブ思考
⇨悪いポジティブ
⇒乗り越えられない

自分は目標を達成すると信じることは効果があります。

実際に塾講師として教えていた時も、

「○○大学に絶対合格する」と強く信じていた生徒は成績がよく上がりました。

しかし、

その目標を達成するための具体的な行動が自分は出来ると信じることは逆効果です。

みなさんも経験あると思いますが、

計画を立てる時が一番やる気があります。

無理な計画だとは思わずに、こんくらい出来るだろうと思ってしまいます。

そしてやる気はそこから落ちていく一方です。

なので、計画通りにやらずにぐだぐたになってしまう。

だからこそ、ポジティブ思考には注意しなければいけません。

ポジティブ思考を上手く使った計画の立て方

計画通りに上手くいかない

ポジティブ思考には使い分けが必要です。

楽観的に計画を立てると上手くいきません。

楽観的であるということは、具体的ではないということです。

例えば、

英単語を1000個覚える

という目標だけではやり方は無数にありますよね。

毎日100個覚えれば、10日間で覚え終わる

という計画をあなたは具体的だと思いますか?

もっと言うと、

この計画であなたは勉強を続けられそうですか?

僕はこの計画でやってきた生徒をみたことはありません。

だいたい最初の300個とかは覚えられていて、

あとは覚えられていないということになります。

ではこのようにならないためにはどうすればいいかを考えます。

障害を超える具体的な方法を明確にする

自分は目標を叶えられると信じることは大切です。

しかし目標を達成するためには、行動が必要です。

その行動をして、障害を乗り越える方法は簡単です。

ネガティブ思考になればいいのです。

ネガティブ思考になれば、

「これじゃ出来ない」

「こうなったらどうしよう」

と考えます。

そうすることで、どんどん計画が具体的になっていきます。

英単語を1000個覚えるという目標を立てたら、

ネガティブ思考になりましょう。

「人は覚えたことは次の日にはほとんど忘れちゃうらしいから、次の日に必ず復習しよう」

「復習は後回しにしやすいから、勉強の最初にやろう」

「土日に急な予定があるかもしれないから、土日は復習だけすればいいように平日に終わらせよう」

などとどんどん具体的な考えが浮かんできます。

このネガティブ思考こそが、計画を立てる時に必要になります。

まとめ

この記事で伝えたいことをまとめます

ポジティブ思考とは、思考法の1つのなので使い分けよう

目標に対してはポジティブに

計画に対してはネガティブに

駿介

スポンサーリンク
スポンサーリンク