行動したければ潜在意識に仕事をさせろ!

スポンサーリンク
どうも
にしやんです。
 
今回は先日投稿した「人はセルフイメージと100%同じ人生を歩む」の中で紹介した【潜在意識】について詳しくお話ししようと思います。
 
潜在意識はその人の人格や外見などあらゆるものの構成に関わっています。
 
潜在意識を味方につけて「なりたい自分」に近づきましょう!
 

潜在意識って何?

【潜在意識】と言われてもピンと来ないと思います。
まずは、そんな人のために今回は「潜在意識がどのようなものなのか」を紹介していきます。
 

人の意識には顕在意識と潜在意識の2つがある。

人間の意識の中には2つの種類があると言われています。
 
1つは顕在意識
そしてもう1つが「潜在意識です。
 

顕在意識

 
顕在意識とは「表面意識」とも呼ばれます。
僕たちが普段「意識してやってみる」と言う時の「意識」はこれです。
 
顕在意識は理論的な「判断」「意思」「決断」などに使われています。
 
例えばあなたが「明日テストだから勉強しよう」と判断した時
あなたは顕在意識で決断したということになります。
 

潜在意識

 
潜在意識は「無意識」とも呼ばれます。
僕たちが頭で考えられていない意識のことです。
 
例えば、「勉強を始めたけど、なんとなく部屋が汚いのが気になり掃除を始めてしまい勉強が続かない」なんてことがあると思います。
 
それは、あなたの潜在意識が「自分は勉強が続かない」と思い込んでいるせいです。
 
なぜ顕在意識では勉強しようと決断したのに潜在意識に流されて勉強するのを止めてしまったのでしょうか?
 
それは全意識の中での潜在意識が占める割合に関係しています。
 

顕在意識は氷山の一角に過ぎない。

 
このイラストにあるように顕在意識はよく【氷山の一角】だと例えられます。
 
海面から少し出ているのか顕在意識
海の中にある部分が潜在意識です。
 
このように人間の意識の中で意識している「顕在意識」はたったの10%未満です。
それ対して残りの90%以上が「潜在意識」で構成されていると言われています。
 
この潜在意識の割合はもっと大きいという説を唱えてる方もいます。
 
そのくらい人間の意識における潜在意識の割合は大きいということです。
 

潜在意識の種類

カール・グスタフ・ユングという心理学者は潜在意識の中にも種類があると考えました。
ユングは潜在意識には「集合的無意識」「個人的無意識」の2つがあるとしました。
 

集合的無意識

 
「集合的無意識」とは【全人類に共通する普遍的な部分】ということです。
 
つまり、人間が生まれながらにして出来ることは集合的無意識の働きによって出来ていることです。
例えば、「睡眠をとる」とか「歩く」のたぐいだと思います。
 
僕は心理学者じゃないのでこの集合的無意識の詳しい話は出来ません。
 
というより、そんなものは変えようと思っても変えられません。
なのでこのブログではこっちは無視します。
 
このブログで「潜在意識」といった場合は次の「個別的無意識」の方なので覚えておいてください!

個別的無意識

個別的無意識というのは人が「経験したこと」や「聞いたこと」から脳が勝手に学習して身につくものです。
例えば、小さい時に「犬に噛まれた」ことがトラウマになり大人になっても犬を見た瞬間に「犬は怖い」と感じたとします。
この時「個別的無意識」が働いているということです。
 
この個別的無意識は、自分の思い通りに変えていく事が出来ます。
 
個別的無意識は経験することや脳を錯覚させる事で身についていくからです。
 
そしてそれを変えていく事で行動するハードルを下げることも出来ます。
 
このブログではこの個別的無意識を自分の思い通りにカスタマイズしていくテクニックも紹介して行こうと思います。
 
楽しみにしておいてください!

潜在意識があなたの限界を決めている。

 
どんなに顕在意識で「勉強をしよう!」と考えていても
潜在意識が「自分は勉強が長続きしない」と思い込んでいたらすぐに辞めてしまいますよね。
 
だって【顕在意識は氷山の一角】で話ししたように、9倍以上大きいものに立ち向かってるんですもん!
 
いくら1割頑張ろうと思っても残りの9割の潜在意識でストップをかけられたら勝てるはずがありません。
 
あなたが限界を感じてしまうのは【潜在意識が自分の限界を勝手に決めてしまっている】からです。
 
「意志が弱いから出来ない」の正体は潜在意識の仕業だということです。
 
しかし、逆に潜在意識さえ味方につけてしまえば行動のハードルを一気に下げることが出来ます。

まとめ

今回は潜在意識がどんなものかを説明していきました。

 
潜在意識を操ることが出来ればセルフイメージを変える事だって出来ます。
 
そしてセルフイメージを変えることが出来れば人生を変えることが出来ます。
 
自分を変えるには顕在意識でいくら頑張ろとしても無駄です。
 
潜在意識に協力させましょう。
 
これからも僕は潜在意識についてのテクニックなどをどんどんお伝えしていきます。
 
よかったら次からの投稿もみてください。
 
最後まで見てくれてありがとございます。
 
にしやん
スポンサーリンク
スポンサーリンク