「ゆるやかにつながる」SUSONOには大学生も参加していいんじゃないか?

どうも

駿介です。

今回は「SUSONOのローンチイベント」のレポートです。

昨日「SUSONO」のローンチイベントに行ってきました!

こういうイベントにはふだん参加しないのですが、

どうしても気になるイベントだったので行ってみました。

結論は、

「初対面とは思えない居心地の良さ」がありました。

実際に僕が現場で感じたことや考えたことを、僕が忘れないためにまとめたいと思います。

「イベントが気になっていた」

「行きたかったけど予定があって…」

という人に参考になればいいなと思います。

イベント概要

まず簡単にイベントの概要をまとめときます。

今回のイベントは、

暮らしや社会について考えるコミュニティである「SUSONO」のローンチイベントです。

僕は「SUSONO]に参加するかを悩んでいたので、

悩むくらいなら実際に行ってみようということでイベントに参加しました。

イベントページの「こんな人におすすめです」に全部当てはまっていたので、

これは行くしかないなと(笑)。

SUSONOとは?

SUSONOというコミュニティを一言で表すことはむずかしそうです。

「SUSONO」は、これからの心地よい暮らしや社会についてともに考え、暮らしをもっと楽しむためのコミュニティです。

むしろ一言で表すことが出来ないコミュニティだからこそ、興味をひかれたんだと思います。

僕がSUSONOを知ったきっかけは、鳥井さんのTwitterでした。(リンク)

鳥井さんの考えや灯台もと暮らしの記事にはいつも気づかされることが多く、

それ以上にかっこいいなと感じることがよくあります。

※鳥井さんの隠居系男子から学んだことはこの記事にまとめてあります。

僕が隠居系男子に出会って気づいたこと

同じようにSUSONOにも「かっこいいな」と最初感じました。

実際にイベントのトークセッションでは、

SUSONOをどういうコミュニティにしていきたいか

SUSONOで何をしていきたいか

という話がメインでした。

SUSONO=○○

とカチッと決まっていないのがSUSONOだと感じました。

年齢も職種も住む場所も違くて、

縁もないんだけど、

なんか居心地がいい

SUSONO=裾野=富士下山?

トークセッションでは、

鳥井弘文さん

松浦弥太郎さん

佐々木俊尚さん

森史子さん

藤田華子さん

この5名が登壇しました。

このトークセッションがとても雰囲気がよく、

みなさんの発言によってSUSONOのイメージが徐々に明確になっていきました。

その中で特に印象に残った言葉をいくつか紹介させていただきます。

まずはSUSONOの由来についての話です。

山の「裾野」に由来しているそうです。

裾野とは

①山麓さんろくの広くゆるやかな傾斜面。
②ある物事の周辺部分。 「学問の-を広げる」

ー大辞林 第三版より

この「ゆるやかな」傾斜面というのが、まさにSUSONOだなと思います。

この話の途中、佐々木さんが話してくれた「富士下山」の話こそがSUSONOというコミュニティの象徴なんじゃないかなと感じました。

僕の解釈も含めてまとめます。

1直線に目標(富士山に登る)を突き進むことが人生の豊かさに本当につながるのか

むしろ裾野に目を向けると、多様性が広がっている

富士山も5合目から「登る」のではなく「下る」ことで、

初めて多様な目標を持つSUSONOに目を向けることが出来る

この話を聞いて、

富士下山も出来る仲間がいるのがSUSONOなのかなと感じました。

トークセッションでは、他にも多くの気づきを得ることが出来ました。

参加できなかった会員の方は是非動画でチェックしてみてください。

大学生こそSUSONOを知ってほしい

このイベントは年齢層も様々でした。

一番下だったのは、僕も含めた大学生だったのかなと思います。

しかし、みなさんの僕ら年下への接し方がリスペクトにあふれていてびっくりしました。

懇親会では一人一人が相手の話を興味津々で聞いていて、

本当にみんな初対面なのかなと思うくらい居心地がよい空間でした。

だからこそ大学生はこういう場所にどんどん飛び込んでいってほしいです。

OB訪問やアルバイトでは絶対に気づけないものがそこにあります。

僕もまだ言葉でうまく説明できませんが、

大学生といういろいろな情報に飲み込まれそうになるいまだからこそ、

ゆるやかにつながれる「帰ってこれる」コミュニティを持っていてもいいんじゃないかなと思います。

就活に悩んでいる人は、SUSONOのメンバーに話を聞いてみるのもいいかもしれません。

本当に様々な職種の人がいるので(笑)。

学割もあって大学生には良心的なコミュニティなので、

大学生へ広める活動もやっていけたらなと思います。

まとめ

これが僕がSUSONOのローンチイベントに参加して感じたことです。

参加する前には予想もしなかった人に会えたり、

イベント内容を読んだときには聞けると思っていなかった話が聞けたりと、

やっぱりリアルのイベントはおもしろいなと思いました。

参加してみたいなと思った人はこちらから出来ます!

「SUSONO」は、これからの心地よい暮らしや社会についてともに考え、暮らしをもっと楽しむためのコミュニティです。

このページの一番下からメンバーになることが出来ます。

是非のぞいてみてください!

駿介

コメント