【初心者必読】TOEICパート5は「文法特急」で満点を目指そう!

スポンサーリンク
どうも
駿介です。
 
今回は、「TOEICパート5の文法問題の演習に使う参考書」について書いていきます。
 
受験勉強もそうですが、資格の勉強でも多くの人が参考書選びに迷うと思います。
迷っている時間はもったいないです。
 
迷う時間を捨てて、すぐに勉強にとりかかることが一番大事です。
 
 

TOEICの勉強計画に関してはこちらを参考にしてください。

TOEICの勉強をいまから始められる勉強法~参考書の使い方を具体的に~

また勉強中に集中力が切れてしまうという人はアプリを上手く使いましょう。

受験・勉強・仕事で結果を出すためのおすすめスマホアプリ7選

基本スペック

今回紹介する問題集はこれです。

新TOEIC TEST パート5 特急 400問ドリル

問題数:セット1~10(1セット40問)

 

レベル:TOEICパート5の傾向を学んだ人~パート5で9割未満の人 

 
問題数が400問あるので、問題演習に最適です。
問題タイプごとの思考プロセスは詳しくないので、「1駅1題」を先にやりましょう。
この400問でパート5は安定して9割とることが出来ます。
 
 

パート5の演習におすすめ

 
この問題集をやるまえに、「1駅1題」をやっているかと思います。
もしやっていない人は、そちらからやることをおすすめします。
紹介記事
 
そのあとにやる問題集として、この1冊がおすすめです。
 

おすすめする3つの理由

 
この本をおすすめする理由は、3つあります。
 

①問題数が400とちょうどいい

②解説が最低限なので、勉強しやすい

③新書サイズなので、持ち運びしやすい

 
 
 

使わなくていい人

時間がある人は やってほしい問題集ですが、パート5で9割を安定して取れている人はやらなくていいです。
 
文法の勉強をする時間を他の苦手なパートの勉強に回しましょう。
 
 

文法問題の勉強法

間違った勉強法

 
文法問題は間違った勉強の仕方をしている人が多いです。
これは大学受験でも同じで、『Next Stage』『Vintage』などを何度も繰り返しやっていた人は要注意です。
 
間違っている勉強のポイントは、5つです。
 

①答えだけ覚える

②毎回違う解き方で解く

③すべての英文を訳してから解く

④復習をしない

⑤問題ごとのポイントを考えていない

 
これに当てはまるなと思った人は、特に意識してこの後を読んでください。
 
 
 

正しい使い方

 

・各セットに時間が設定されているので、それに沿って解くこと。

・セットごとに、一気に解き、セットの最後の問題を解答してから全体の丸付けを行うこと。

 

・問題は必ずこのように解くこと

①選択肢に目を通す
②問題を種別する
③AかBか判断する(文脈先行か構文先行か)
④それぞれの解き方(文脈・構文)で解く
※それぞれのポイントで、曖昧なところをメモ
⇒問題を種別できなかった・副詞か形容詞か判断できなかったなど
※AかBの区別は、1問1題のものを使うので、忘れている人は何度も繰り返してやること
 

丸付けの仕方

 
目的=同じ問題が出るとは限らないので、正しい思考プロセスと問題を解くために必要な知識を覚える
 
①答えがあっているか
②カテゴリーがあっているか
③注目するポイントがあっていたか
④必要な知識を知っていたか?
 

解説の読み方

目的=同じ問題が出るとは限らないので、正しい思考プロセスと問題を解くために必要な知識を覚える
 
①答えがあっているか
②カテゴリーがあっているか
③注目するポイントがあっていたか
④必要な知識を知っていたか?
 

解きなおしの仕方・タイミング

 
解きなおし=答えがあっていて当たり前
⇒正しい思考プロセス・知識を自分のものにするために行う
・次の日・1週間後に解きなおしができるのがベストです。
 
・手順は解き方同様です。
①選択肢に目を通す
②問題を種別する
③AかBか判断する(文脈先行か構文先行か)
④それぞれの解き方(文脈・構文)で解く
※それぞれのポイントで、曖昧なところをメモ
⇒問題を種別できなかった・副詞か形容詞か判断できなかったなど
⑤訳す
 
文法問題の文章もTOEIC特有のビジネス系なので、単語の確認などに使えます。
1文を訳せない人が長文を解けることはないので、必ず訳してわからない単語は、全部覚えてください
単語カードにするのがおすすめです。使い方はこちら
 

そのあとにやった方がいいこと

ここまで終われば、パート5に関して特別にやることはありません。

不安がある人はこちらの問題集で1000問解いてみてもいいかもしれません。

『TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問』

しかし、パート7やリスニングが苦手だという人が多いと思うので、そちらからやるのがおすすめです。

TOEICの勉強計画に関してはこちらを参考にしてください。

TOEICの勉強をいまから始められる勉強法~参考書の使い方を具体的に~

また勉強中に集中力が切れてしまうという人はアプリを上手く使いましょう。

受験・勉強・仕事で結果を出すためのおすすめスマホアプリ7選

応援しています。

頑張りましょう。

駿介

スポンサーリンク
スポンサーリンク